So-net無料ブログ作成
検索選択

殿、利息でござる 主題歌はRCサクセションのカバー曲!選ばれた理由は? [主題歌]

殿、利息でござる02.jpg


今年の5月14日に全国の映画館で上映される映画『殿、利息でござる!』の主題歌について書きたいと思います。

今回、映画の主題歌に選ばれたのは、日本人なら誰もが知ると言っても過言ではない、あの超有名な曲をRCサクセションがカバーした曲です。

その曲とは、坂本久さんの名曲「上を向いてあるこう」です。

映画の主題歌としてこの曲が選ばれた理由についてまとめてみました。

では、早速殿、利息でござる!の主題歌についてみていきましょう!


殿、利息でござる!の主題歌はRCサクセションがカバー



『殿、利息でござる!』の主題歌に今は亡き忌野清志郎さんが率いた、日本語ロックの伝説的バンドであるRCサクセションが、これまた日本で今も謳われ続けられる坂本九さんの名曲「上を向いて歩こう」のカバーした曲が選ばれました。

選ばれた理由について、監督の中村義洋さんは、プロデューサーの池田さんが持ってきたこのRCサクセションがカバーした「上を向いてあるこう」の提案を受けて、すんなりOKしたとの事です。

その理由について、中村監督は、

「清志郎さんはこの曲をライブで演奏する時、「日本の有名なロックンロール!」と紹介していました。
それには、こんなすごい曲があるんだぜ、という意味もあったと思います。
それは、こんなすごい人がいたんだぜ、という、この映画を作る意義にも合致したような気がしています。
※公式ホームページより


と話してします。

実話を元にした、『殿、利息でござる!』は、かつて士農工商の身分の違いゆえに現代よりも厳しい環境の中で、殿さまへお金を貸して利息をもらうという、常識では考えられない行動をすることができた人がいたという話であるが故に、主題歌であるRCサクセションの「上を向いて歩こう現代に勇気をくれるような映画にぴったりとハマるなと思いました。

ちなみに、原作の冒頭にも十三郎(阿部サダヲさん)と篤平治(瑛太さん)の会話で、今の吉岡宿の不況の原因が殿さまにあるという話をしていますが、忌憚のない意見ではあるものの、当時殿さまへの悪口は御法度だったようです。

そんな時代に、殿さまへお金を貸して利息を頂戴するなんて下手をすれば極刑にもなりかねません。

自分の命を危機に晒しても、街のために尽力しようとする勇気を見習いたいと思いました。

時代に逆らうまさにロックンロールな曲も一緒に楽しみたいですね!




~スポンサーリンク~ --------------------------





こちらは忌野清志郎さんが歌う「上を向いて歩こう」で、RCサクセションバージョンではないようですが、とてもカッコいいですね!








スポンサーリンク






タグ:主題歌
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。