So-net無料ブログ作成
検索選択

羽生結弦 殿 セリフは?殿、利息でござるの伊達重村役でのセリフ予想! [キャスト]

殿、利息でござる 羽生結弦01.jpg

男子フィギュアスケートプリンス羽生結弦さんが、映画初出演ということでファンの方の中では、とても盛り上がっている映画『殿、利息でござる!』ですが、殿になった羽生結弦さんのセリフはどんな感じになるのでしょうか?

羽生結弦さん(ファンのあいだではゆづと呼ばれていますね)が演じる役は仙台藩のお殿様である、伊達重村です。

この羽生結弦さん演じる伊達重村が登場するのはどの辺りで、どんなセリフが飛び出すのでしょうか?

公開されている予告の動画や、原作の中から映画でのセリフを予想していきたいと思います。



羽生結弦さん演じるお殿様伊達重村のセリフはこれか!?



※注意!若干ネタバレを含みます。



羽生結弦さんの演じる伊達重村が原作の中で登場するのは、主人公穀田屋十三郎(阿部サダヲさん)たちが、目標の金額である千両(約3億円)を貸し出すことに成功した後になります。

ということは、物語の中では終盤です。

時代背景として、武士でもない一般庶民がお殿様に会うということは、本当にありえない時代だったようです。



お殿様である伊達重村が何故そんな庶民である穀田屋十三郎たちに会うことになるのか?

ネタバレになりますが、キーになっているのは妻夫木聡さん演じる浅野屋甚内です。



映画の設定としては、ケチでしみったれな金貸しとなっていますが、藩へ貸し出すお金の工面を人一倍することになるのが、この妻夫木さん演じる浅野屋です。

家が傾くこと間違いなしと村の人々から言われるくらいにお金を出した浅野屋は本当に窮地に陥るのですが、そんな状況でも浅野屋は貧乏で困っている人に無担保でお金を貸したり、返済の免除をします。

「無私の心」で困っている村の人々に救いの手を差し伸べる浅野屋の元にはいつしか、金を借りるなら浅野屋と言われるほどの人が集まり、貧乏な人のみならず、たくさんの人が浅野屋からお金を借りるようになり、浅野屋は窮地を脱して繁栄していくことになります。



羽生結弦さん演じる伊達重村が、この浅野屋の噂を聞くのはそんな時でした。

藩士のなかでも、極窮人を浅野屋の甚内が救っているという話が広がり、それを聞いた殿様重村が、「甚内とやらの顔をみてみたい」といいます。



◆殿様、伊達重村のセリフその1!

「甚内とやらの顔をみてみたい」



そして、ありえない殿様、伊達重村が何をしたかと思えば、仙台からわざわざ吉岡を訪れて、浅野屋甚内に会うことになります。

殿様、伊達重村は浅野屋甚内が書に秀でていることを知っており、浅野屋に何か書いてみよと言います。



◆殿様、伊達重村のセリフその2!

「そのほうは習池の誉れありきく。なにか書いてみよ」



なにか書いてみよ!なんて羽生結弦さんに言われたら、ドキっとしちゃいますね(笑)

浅野屋は懸命に筆を走らせて書き上げた書を殿様、伊達重村に見せます。

それを見た殿様、伊達重村は顔をほころばせて次のように言います。



◆殿様、伊達重村のセリフその3!

「では、わしも一つ書いてやろう」



殿様、伊達重村も筆をとり、「霜夜、寒月、春風」と認めます。



◆殿様、伊達重村のセリフその4!

「そのほうらは酒屋であろう。これをもって酒銘とせよ」



浅野屋は質屋として金貸しをする以外にも酒屋を経営しているので、お殿様から命名された浅野屋のお酒は話題沸騰で飛ぶように売れるようになりました。

なんて、粋なことをするお殿様でしょうか!

原作者の磯田道史さんによれば、この粋な殿様である、伊達重村はとても名君らしいふるまいを好んだ人物だそうでうす。

藩で牢獄に一人の罪人もいなくなった時は、子供のように手をたたいて喜んだりもしたとか。

なんとなく、懐の深さと、童心を持ち合わせた感じは、羽生さんを連想させますね。

話題作りで殿様役に羽生結弦さんのキャスティングをしたように思っていましたが、実は原作を読んでキャスティングを担当した人も羽生結弦さんが頭に浮かんだ瞬間、心が踊ったのではないでしょうか?




~スポンサーリンク~ --------------------------





最後に、映画の予告動画を見て、映画公開までワクワクしながら待ちたいと思います。



いやはや楽しみ!





【関連記事】

⇒⇒⇒殿、利息でござる ロケ地はどこ?一度は行きたい映画のロケ地情報!



⇒⇒⇒殿、利息でござる 感想は?



⇒⇒⇒殿、利息でござる 重岡大毅さんのビジュアル公開!



⇒⇒⇒殿、利息でござる 重岡大毅さんの役どころは?





スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。